Tag Archive:raspberry pi

Byamber

5 Inch TFT Capacitive Touch Screen DSI Connector LCD Display Monitor 800×480 Resolution for Raspberry Pi

Authorized Amazon Store

Buy from US Buy from UK Buy from DE Buy from IT Buy from FR Buy from ES Buy from JP
amz amzuk amazon_jp

–> DSI Connector,Plug and Play,No Driver Needed.
–> Capacitive Touch Screen ,Finger Touch,800×480 high resolution,better touch response,faster response time
–> 5 inch display monitor with high resolution picture and large viewing screen.
–> Free drive support Raspberry ,Ubuntu MATE,Kali,RetroPie,OpenElec,OSMC,Arch system and so on.
–> Support all raspberry board except PI zero(PI A,PI B need use I2C on gpio).

What’s Inside?
1x 5 inches DSI Touch LCD Screen for Raspberry Pi
1x DSI Ribbon Cable
1x Philips screwdriver
1x User manual

Feature
The 5″ LCD display is an LCD display which connects to the Raspberry Pi through the DSI connector.
It is capacitive touch LCD screen.
It is compatible with Raspberry Pi 3B+, 3B, and 2B.
Equipped with reserved fixing holes for control boards – suitable for Raspberry Pi 3 model B+,3 model B, and 2 model B.
It doesn’t need install driver, and you can plug and play.
The Physical resolution of LCD display is 800*480.
No need additional power.

Creative for DIY

As OSOYOO 5″ DSI touch screen connect with Raspberry Pi via DSI ribbon cable, makers can extend the raspberry pi GPIOs for DIY projects.

What’s more, no need driver and supported multiple Linux operation systems, makers can create more ideas.

2018008900-1 2018008900-2 2018008900-3 2018008900-4 2018008900-5

Byamber

ラズパイとモーションセンサー、ブザーを使って、簡易セキュリティー・アラームを作る

説明

ラズパイとモーションセンサー、ブザーを使って、簡易セキュリティー・アラームを作ります。ラズパイは固定期間にモーションセンサーからの高、低電位信号を検査して、人が近づいてくるとブザーが鳴ります。

DSC_5470

必要なパーツ

PI
Pi3ボード x1
Digital-Motion-Sensor
モーションセンサー x1
18
5V ブザー x1
19
ジャンプワイヤー x若干

配線図

Untitled Sketch_buzzer

線路が違うとボード、センサーに損害の恐れが御座いますので、正極と負極を十分ご注意して下さい。Raspberry PiのGPIOピンの概要はこちら~ブザーのPIN番号が異なる可能性も御座いますので、実物を対照して、配線してくださいませ。ブザーが低電位信号で作動します。

モーションセンサー回路図

schematic

モーションセンサー インタフェースのレイアウト

2つのつまみが遅延時間と感度の調整ができます:

adjust

ソフトウエア

1)nanoエディターを使って、下記のコマンドを作動して、/home/piにmotionsensor-test.pyファイルを新規作成します。

sudo nano motionsensor-test.py

2)motionsensor-test.pyに下記の内容をコーピーして下さい:

import RPi.GPIO as GPIO
import time

M_pin = 18 #select the pin for motionsensor
B_pin = 26 #select the pin for buzzer

def init():
         GPIO.setwarnings(False)
         GPIO.setmode(GPIO.BCM)
         GPIO.setup(M_pin,GPIO.IN)
         GPIO.setup(B_pin,GPIO.OUT)
         pass

def buzzer():
         while GPIO.input(M_pin):
                  GPIO.output(B_pin,GPIO.LOW)
                  time.sleep(0.5)
                  GPIO.output(B_pin,GPIO.HIGH)
                  time.sleep(0.5)

def detct():
         for i in range(101):
                  if GPIO.input(M_pin):
                           print "Someone is closing!"
                           buzzer()
                  else:
                           GPIO.output(B_pin,GPIO.HIGH)
                           print "Nobody!"
                  time.sleep(2)

time.sleep(5)
init()
detct()

GPIO.cleanup()

或いは、下記のコマンドを作動して、弊社編集済みのmq-5.pyを直接にダウンロードできます。

sudo sudo wget http://osoyoo.com/driver/motionsensor-test.py

3)プログラムを作動する

sudo python ./motionsensor-test.py

人が近づいてくると、ターミナルに「Someone is closing!」と表示し、ブザーがなります。

2017-03-23-064257_1824x984_scrot

Byamber

ラズパイ3、電圧検出センサーとMCP3008 A/Dコンバータを使って、電圧計を制作する

概要

本文では、ラズパイ3、電圧検出センサーとMCP3008 A/Dコンバータを使って、電圧計を制作して、電圧値をターミナルにプリントします。

DSC_5505

必要なパーツ

PI
Pi3ボード x1
 3 電圧検出センサー x1
MCP3008
MCP3008 A/Dコンバータ x1
LACC2006AD-12
 ブレッドボード x1
LACC2006AD-31
 ジャンプワイヤー(オス~オス)x若干
19
 ジャンプワイヤー(オス~メス)x若干

ハードウェア

このモジュールは抵抗分圧の原理に基づいて、デザインしました。輸入したの電圧値を5倍に下げて、輸出しできます。ラズパイGPIOの工作電圧は普段3.3Vのため、電圧検知モジュールへの輸入電圧はできるだけ、16.5V(3.3Vx5倍)以下にして下さい。出力インタフェース:”+”は3.3vに接続し、”-“は GNDに接続し、”s”はMCP3008 A/DコンバータのAD入力PINに接続します。
DC入力インタフェース:正極とVCC、負極とGND、下記の画像をご参照:
3

ラズパイはデジタル信号しか処理しできませんので、今回は電圧検知センサーからの電圧信号(アナログ信号)を処理するため、A/Dコンバータも必要です。本プロジェクトではMCP3008と言う、よく利用されるA/Dコンバータを使用します。

voltage_bb

ソフトウエア

下記の操作は、ラズパイとスクリーンを接続しても、SSHを通じでラズパイと接続しても、操作できます。

1)プログラム

nanoエディタを使用して、下記のコマンドを作動して、/home/piに一个voltage.pyと言うファイルを新規作成します。

sudo nano voltage.py

ファイルにコードをコーピーして、キーボードの CtrlとXボーダーを押して、Yを入力して、ファイルを保存します。

或いは、下記のコマンドを作動して、弊社編集済みのvoltage.pyを直接にダウンロードできます。

sudo wget http://osoyoo.com/driver/voltage.py

2)下記のコマンドを作動して、pythonプログラムを作動する

sudo python ./voltage.py

3)結果

電圧検出センサーのDC入力端子と16.5V以下の電源アダプターを接続したら、検測したの電圧値がターミナルに表示します。例えば、電圧検出センサーのDC入力端子と3.3V電源アダプターを接続の場合、ターミナルに3.29Vぐらいの数値を表示します。A/Dコンバータで転換したの信号のため、少し誤差があるはずです。

2017-04-05-032458_1824x984_scrot

Byamber

ラズパイで火炎検知センサーを作動する

概要

本プロジェクトでは火炎検知センサーとラズパイ3ボードを使って、火炎検知装備を作ります。火炎検知センサーは火炎と波長760nm~1100nmの光が敏感します。アナログ信号とデジタル信号2重輸出できます、火炎が検出したら、デジタルOUTPUT(DO)から高電位信号を輸出して、アナログOUTPUT(AO)から電圧値を輸出します。火炎のサイズが大きくなると輸出したの電圧値も大きくなります。モジュールに可変抵抗がありますので、センサーの感度が調整しできます。

DSC_5501

必要なパーツ

PI
Pi3ボード x1
EASM101600
火炎検知センサーx1
MCP3008
MCP3008 A/Dコンバータx1
LACC2006AD-12
ブレッドボードx1
LACC2006AD-31
ジャンプワイヤー(オス~オス)x若干
19
ジャンプワイヤー(オス~メス)x若干

ハードウェア

火炎検知センサーは火火炎と波長760nm~1100nmの光が検出しできます。点火しているライターを使用の場合、80CMの範囲内は検出しできます。検出の角度は60度となります。火炎のサイズが大きくなると、検出できる距離も拡大できます。モジュールに可変抵抗がありますので、センサーの感度が調整しできます。工作電圧は3.3V~5Vですので、本文では3.3Vでセンサーに給電します。

配線図

flame_bb

線路が違うとボード、センサーに損害の恐れが御座いますので、正極と負極を十分ご注意して下さい。Raspberry PiのGPIOピンの概要はこちら~

ソフトウエア

下記の操作は、ラズパイとスクリーンを接続しても、SSHを通じでラズパイと接続しても、操作できます。

1)プログラム

nanoエディタを使用して、下記のコマンドを作動して、/home/piにflame.pyと言うファイルを新規作成します。

sudo nano flame.py

ファイルにをコードをコーピーして、キーボードのCtrlとXボーダーを押して、Yを入力して、ファイルを保存します。

或いは、下記のコマンドを作動して、弊社編集済みのflame.pyを直接にダウンロードできます。

sudo wget http://osoyoo.com/driver/flame.py

2)下記のコマンドを作動して、pythonプログラムを作動する

sudo python ./flame.py

3)結果

点火したのライターがモジュールに近づいてくると、火炎が検出したら、モジュールでの指示ランプが点灯し、ターミナルにFire!と表示します。火炎が検出しない時、指示ランプ消灯して、ターミナルにSafe!と表示します。もし、点火したのライターがモジュールに近づいてくるても何も変化しないの場合、モジュールでの可変抵抗を調整して、確認して下さい。

2017-04-01-082444_1824x984_scrot

Byamber

ラズパイでDHT11温湿度センサーを作動する

説明

本文では、ラズパイとDHT11温湿度センサーを使って、周囲環境の温湿度データを獲得します。DHT11は湿度測定、温度測定、通信機能を搭載した温度湿度センサです。 また、出力値は校正済みで無調整で使用することが可能です。センサの構成は温度測定にはNTCサーミスタ、湿度測定に高分子膜湿度センサが使用さ れております。このセンサは相対湿度の変化に応じて高分子膜に含まれる水分の量が変化 し、これにより誘電率が変化することから相対湿度を測定します。DHT11はこれらのセン サを専用ASICにてデジタル変換を行い1線式シリアル信号を出力します。ユーザーはマイ コンなどで、出力データを読み取るだけで簡単に湿度と温度の測定が可能です。従来の高分子膜湿度センサと違い、駆動に必要な外部回路の設計及び回路実装、校正か ら開放されます。測定に必要な回路が全て内蔵され、小スペース実装する事が可能です。 データ出力はオープンドレイン出力のため、20メートルまで伸ばす事が可能です。

DSC_5467

DHT11タイミング ダイヤグラム

1)DATAフレーム

DTH11はスタート信号を出力し続いて40ビット(5バイト)構成の同期クロックが含まれたシリアルデータを出力します。データ出力時間は、おお よそ4m/Sです。サンプリング周期は1秒以上で、それより短い間隔でデータ要求しても、 データが出ない場合があります
。第1、2バイトは温度値として、第3、4バイトは湿度値として、表示します。最後の1バイトはチェックサムとして、使用しますので、データが問題ない場合、第1、2バイトと第3、4バイトの合計は第5バイトになります。

e1

2)ハンドシェイク

測定を開始するには、マイコン側から、データ線を 18m秒以上「L」にし、その後「H」にします。

e2

センサは、データ転送の準備ができると、データ線を 80μ秒の間「L」にし、続いて80μ秒の間「H」にします。 この後、センサは40ビットのデータを送ってきます。

3)データビットの転送

センサは、データ転送開始の合図のあと、40ビット (8ビット×5バイト)のデータを送ってきます。データは、上位ビットを先に送信します。各データ ビットは、データビットの開始を示す50μ秒の「L」の あと、「0」のデータなら26~28μ秒の「H」、「1」の データなら70μ秒の「H」が送信されます。
40ビットのデータを送り終わると、センサはデータ 転送完了の合図として、50μ秒の「L」を送ってきます。

データ ‘0’:

e3

データ ‘1’:

e4

必要なパーツ

PI
Pi3ボード x1
EASM100600
DS18B20 x1
EACW100500
ジャンプワイヤー x3

ハードウェア

DHT11のVCCとラズパイの3.3V、DHT11のGNDとラズパイのGND、DHT11のDATAとラズパイのGPIO14(BCM)を接続して下さい。 Raspberry PiのGPIOピンの基礎知識はこちら~

Untitled Sketch_dht11

ソフトウエア

Python言語とC言語2種の言語のプログラム編集方法を紹介します。

1)Python言語

nanoエディターを使って、dht11-test.pyと言うファイルを新規作成します。

sudo nano dht11-test.py

dht11-test.pyファイルに下記の内容をコーピーして下さい:

# _____ _____ _____ __ __ _____ _____ 
#|     |   __|     |  |  |     |     |
#|  |  |__   |  |  |_   _|  |  |  |  |
#|_____|_____|_____| |_| |_____|_____|
#
# Use Raspberry Pi to get temperature/humidity from DHT11 sensor
#  
import time
import dht11
import RPi.GPIO as GPIO

#define GPIO 14 as DHT11 data pin
Temp_sensor=14
def main():
  # Main program block
  GPIO.setwarnings(False)
  GPIO.setmode(GPIO.BCM)       # Use BCM GPIO numbers
  # Initialise display
#  lcd_init()
  instance = dht11.DHT11(pin = Temp_sensor)

  while True:
        #get DHT11 sensor value
        result = instance.read()
  print"Temperature = ",result.temperature,"C"," Humidity = ",result.humidity,"%"
  time.sleep(1)

if __name__ == '__main__':

  try:
    main()
  except KeyboardInterrupt:
    pass
#  finally:
#    lcd_byte(0x01, LCD_CMD)

Pythonコードを作動のため、dht11.pyと言うファイルも必要です。下記のコマンドを動作して、dht11.pyファイルをダウンロードして下さい。必ずdht11-test.pyとdht11.pyを同じパスに置いて下さい。

sudo sudo wget http://osoyoo.com/driver/dht11.py

下記のコマンドを動作して、Pythonプログラムを作動する

sudo python ./dht11-test.p

2017-03-22-063517_1824x984_scrot

上記のコマンドを実行したら、温湿度データがターミナルに表示します。時々0と出ったん、何故?ラズパイはDHT11の信号を読み取れる時、マイクロ秒のリアルタイム・タイミングが必要ですが、ラズパイでのOS、Raspbianはリアルタイムシステムではないので、正しくチェックできない時は、データが紛失しました。

2)C言語

A.ラズパイでC言語を使用の場合、GPIOライブラリのインストールが必要です,下記のコマンドを動作して、インストールできます:

sudo git clone git://git.drogon.net/wiringPi
sudo cd wiringPi
sudo ./build

B.下記のコマンドを動作して、nanoエディターを使用して、dht11-test.cファイルを新規作成します。

sudo nano dht11-test.c

dht11-test.cファイルに下記の内容をコーピーして下さい。

/*
 *  dht11.c:
 *  Simple test program to test the wiringPi functions
 *  DHT11 test
 */

#include <wiringPi.h>
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <stdint.h>
#define MAXTIMINGS  85
#define DHTPIN    15
int dht11_dat[5] = { 0, 0, 0, 0, 0 };

void read_dht11_dat()
{
  uint8_t laststate = HIGH;
  uint8_t counter   = 0;
  uint8_t j   = 0, i;
  float f; /* fahrenheit */

  dht11_dat[0] = dht11_dat[1] = dht11_dat[2] = dht11_dat[3] = dht11_dat[4] = 0;

  /* pull pin down for 18 milliseconds */
  pinMode( DHTPIN, OUTPUT );
  digitalWrite( DHTPIN, LOW );
  delay( 18 );
  /* then pull it up for 40 microseconds */
  digitalWrite( DHTPIN, HIGH );
  delayMicroseconds( 40 );
  /* prepare to read the pin */
  pinMode( DHTPIN, INPUT );

  /* detect change and read data */
  for ( i = 0; i < MAXTIMINGS; i++ )
  {
    counter = 0;
    while ( digitalRead( DHTPIN ) == laststate )
    {
      counter++;
      delayMicroseconds( 1 );
      if ( counter == 255 )
      {
        break;
      }
    }
    laststate = digitalRead( DHTPIN );

    if ( counter == 255 )
      break;

    /* ignore first 3 transitions */
    if ( (i >= 4) && (i % 2 == 0) )
    {
      /* shove each bit into the storage bytes */
      dht11_dat[j / 8] <<= 1;
      if ( counter > 16 )
        dht11_dat[j / 8] |= 1;
      j++;
    }
  }

  /*
   * check we read 40 bits (8bit x 5 ) + verify checksum in the last byte
   * print it out if data is good
   */
  if ( (j >= 40) &&
       (dht11_dat[4] == ( (dht11_dat[0] + dht11_dat[1] + dht11_dat[2] + dht11_dat[3]) & 0xFF) ) )
  {
    f = dht11_dat[2] * 9. / 5. + 32;
    printf( "Humidity = %d.%d %% Temperature = %d.%d *C (%.1f *F)\n",
      dht11_dat[0], dht11_dat[1], dht11_dat[2], dht11_dat[3], f );
  }else  {
    printf( "Data not good, skip\n" );
  }
}

int main( void )
{
  printf( "Raspberry Pi wiringPi DHT11 Temperature test program\n" );

  if ( wiringPiSetup() == -1 )
    exit( 1 );

  while ( 1 )
  {
    read_dht11_dat();
    delay( 1000 ); /* wait 1sec to refresh */
  }

  return(0);
}

C.下記のコマンドを作動して、プログラムをコンパイルして、プログラムを動作して下さい。

sudo gcc  -o dht11-test dht11-test.c  -lwiringPi
sudo  ./dht11-test

2017-03-22-063018_1824x984_scrot

下記のコマンドを作動したら、上記のすべてのコードをダウンロードできます:

sudo wget http://osoyoo.com/wp-content/uploads/2017/03/dht11_code.rar

C言語は高級プログラム言語のため、直接にラズパイのGPIOを制御しますので、データ紛失のことは少ないと発見できます。

Byamber

ラズパイでDS18B20温度センサーを作動する

説明

DS18B20デジタルサーモメータのDS18B20は、9ビット~12ビットの摂氏温度測定値を提供し、不揮発性のユーザー設定可能な上限/下限トリガポイントを備えたアラーム機能を内蔵しています。DS18B20は1-Wire®バス上で通信を行います。名称通りに、このバスは中央のマイクロプロセッサとの通信に1つのデータライン(およびグランド)のみを必要とします。このデバイスは-55℃~+125℃の温度範囲で動作し、精度は-10℃~+85℃の範囲で±0.5℃です。さらに、DS18B20はデータラインから直接給電することが可能なため(「寄生電源」)、外部電源は不要です。
各DS18B20は固有の64ビットシリアルコードを備えているため、複数のDS18B20が同一の1-Wireバス上で機能することができます。そのため、1つのマイクロプロセッサを使用して広範囲に分散した多数のDS18B20を制御することが容易です。この機能が役立つアプリケーションとして、HVAC環境制御、ビル/機器/機械内の温度監視システム、およびプロセス監視/制御システムなどがあります。

DSC_5465

必要なパーツ

PI
Pi3ボード x1
EASM100100
DS18B20 x1
EACW100500
ジャンプワイヤー x3

ハードウェア

DS18B20モジュールの”S”PINとラズパイのGPIO4(BCM)と接続して、”-“とラズパイの”GND”、真ん中の”+”とラズパイの5Vを接続してくださいませ。配線図をご確認くださいませ:

ds18b20_python

Raspberry Pi3の GPIO端子の 1-Wire®機能を有効化

コマンド欄に下記のコマンドを入力、動作して、configファイルを編集します。

sudo nano /boot/config.txt

カーソルをconfigファイルの一番下に移動して、下記の内容をファイルにコーピーして下さい。

dtoverlay=w1-gpio

キーボードのCtrlとXキーを押して、Yを入力したら、ファイルを保存します。

コマンド欄に下記のコマンドを動作したら、ラズパイを再起動して、配置を有効にする

sudo reboot

再起動したら、下記のコマンドを動作して、 1-Wire®が起動していたと確認できます。詳しく画像をご確認:

lsmod

2017-03-20-075235_1824x984_scrot

上記の画像のように、w1_gpio wire などの内容が有ったら、1-Wire®が正常起動していたと判明できます。もし、無ければ、下記のコマンドを動作して、1-Wire®を有効します。

sudo modprobe w1-gpio
sudo modprobe w1-therm

下記の各コマンドを作動したら、今現在の温度をリターンします。

sudo modprobe w1-gpio Enterキー
sudo modprobe w1-therm Enterキー
cd /sys/bus/w1/devices Enterキー
cd /28-xxxxxx Enterキー
cat w1_slave Enterキー

ソフトウエア

下記のコマンドを動作したら、temp.pyファイルを新規作成します。

sudo nano temp.py

下記の内容をtemp.pyファイルにコーピーして下さい。

import os
import glob
import time

os.system('modprobe w1-gpio')
os.system('modprobe w1-therm')

base_dir = '/sys/bus/w1/devices/'
device_folder = glob.glob(base_dir + '28*')[0]
device_file = device_folder + '/w1_slave'

def read_temp_raw():
    f = open(device_file, 'r')
    lines = f.readlines()
    f.close()
    return lines

def read_temp():
    lines = read_temp_raw()
    while lines[0].strip()[-3:] != 'YES':
        time.sleep(0.2)
        lines = read_temp_raw()
    equals_pos = lines[1].find('t=')
    if equals_pos != -1:
        temp_string = lines[1][equals_pos+2:]
        temp_c = float(temp_string) / 1000.0
        temp_f = temp_c * 9.0 / 5.0 + 32.0
        return temp_c, temp_f
  
while True:
  print('C =%3.3f F = %3.3f'% read_temp())  
  time.sleep(1)

キーボードのCtrlとXキーを押して、Yを入力したら、ファイルを保存します。

ファイルが保存したら、下記のコマンドを動作して、結果を確認します。

sudo python  ./temp.py

2017-03-20-084757_1824x984_scrot

説明:

1)os.system(‘modprobe w1-gpio’)とos.system(‘modprobe w1-therm’)はプログラムの最初にmodprobeコマンドを作動します。

2)base_dir = ‘/sys/bus/w1/devices/’とdevice_folder = glob.glob(base_dir + ’28*’)[0]は/sys/bus/w1/devices/の28からのファイルを獲得します。

3)device_file = device_folder + ‘/w1_slave’はファイルを開けて、データを獲得します。

4)while lines[0].strip()[–3:] != ‘YES’: 読み取れたファイル第1行最後の文字はYESかどうか判明します。

5)equals_pos = lines[1].find(‘t=’) :読み取れたファイル第2行(t=)を検索します。もし、見つからない場合、1をリターンします。

Byamber

Smart Home IoT センサー キット

smart home &IOT

公式ストア:

AMAZON-jp

ArduinoやRaspberry Pi用の非常に良いセンサーとコンポーネント キットとだと思います。このキットはスマートホーム用のために、専門にデザインしました。16種類のセンサーを含み、 センサーにラベルも貼り済みです。

弊社のSmart Home IoT センサー キットを利用して、ArduinoやRaspberry Piと接続して、何処でも家の設備を制御、監視と保護できます。

16件の記事が編集済み、記事で詳細なプロジェクト、詳しい配線図とサンプルコードがありますので、楽々に使用して下さい~

内容物: