Tag Archive:raspberry pi

Byamber

5 Inch TFT Capacitive Touch Screen DSI Connector LCD Display Monitor 800×480 Resolution for Raspberry Pi

Authorized Amazon Store

Buy from US Buy from UK Buy from DE Buy from IT Buy from FR Buy from ES Buy from JP
amz amzuk amazon_jp

–> DSI Connector,Plug and Play,No Driver Needed.
–> Capacitive Touch Screen ,Finger Touch,800×480 high resolution,better touch response,faster response time
–> 5 inch display monitor with high resolution picture and large viewing screen.
–> Free drive support Raspberry ,Ubuntu MATE,Kali,RetroPie,OpenElec,OSMC,Arch system and so on.
–> Support all raspberry board except PI zero(PI A,PI B need use I2C on gpio).

What’s Inside?
1x 5 inches DSI Touch LCD Screen for Raspberry Pi
1x DSI Ribbon Cable
1x Philips screwdriver
1x User manual

Feature
The 5″ LCD display is an LCD display which connects to the Raspberry Pi through the DSI connector.
It is capacitive touch LCD screen.
It is compatible with Raspberry Pi 3B+, 3B, and 2B.
Equipped with reserved fixing holes for control boards – suitable for Raspberry Pi 3 model B+,3 model B, and 2 model B.
It doesn’t need install driver, and you can plug and play.
The Physical resolution of LCD display is 800*480.
No need additional power.

Creative for DIY

As OSOYOO 5″ DSI touch screen connect with Raspberry Pi via DSI ribbon cable, makers can extend the raspberry pi GPIOs for DIY projects.

What’s more, no need driver and supported multiple Linux operation systems, makers can create more ideas.

2018008900-1 2018008900-2 2018008900-3 2018008900-4 2018008900-5

Byamber

ラズパイとモーションセンサー、ブザーを使って、簡易セキュリティー・アラームを作る

説明

ラズパイとモーションセンサー、ブザーを使って、簡易セキュリティー・アラームを作ります。ラズパイは固定期間にモーションセンサーからの高、低電位信号を検査して、人が近づいてくるとブザーが鳴ります。

DSC_5470

必要なパーツ

PI
Pi3ボード x1
Digital-Motion-Sensor
モーションセンサー x1
18
5V ブザー x1
19
ジャンプワイヤー x若干

配線図

Untitled Sketch_buzzer

線路が違うとボード、センサーに損害の恐れが御座いますので、正極と負極を十分ご注意して下さい。Raspberry PiのGPIOピンの概要はこちら~ブザーのPIN番号が異なる可能性も御座いますので、実物を対照して、配線してくださいませ。ブザーが低電位信号で作動します。

モーションセンサー回路図

schematic

モーションセンサー インタフェースのレイアウト

2つのつまみが遅延時間と感度の調整ができます:

adjust

ソフトウエア

1)nanoエディターを使って、下記のコマンドを作動して、/home/piにmotionsensor-test.pyファイルを新規作成します。

sudo nano motionsensor-test.py

2)motionsensor-test.pyに下記の内容をコーピーして下さい:

import RPi.GPIO as GPIO
import time

M_pin = 18 #select the pin for motionsensor
B_pin = 26 #select the pin for buzzer

def init():
         GPIO.setwarnings(False)
         GPIO.setmode(GPIO.BCM)
         GPIO.setup(M_pin,GPIO.IN)
         GPIO.setup(B_pin,GPIO.OUT)
         pass

def buzzer():
         while GPIO.input(M_pin):
                  GPIO.output(B_pin,GPIO.LOW)
                  time.sleep(0.5)
                  GPIO.output(B_pin,GPIO.HIGH)
                  time.sleep(0.5)

def detct():
         for i in range(101):
                  if GPIO.input(M_pin):
                           print "Someone is closing!"
                           buzzer()
                  else:
                           GPIO.output(B_pin,GPIO.HIGH)
                           print "Nobody!"
                  time.sleep(2)

time.sleep(5)
init()
detct()

GPIO.cleanup()

或いは、下記のコマンドを作動して、弊社編集済みのmq-5.pyを直接にダウンロードできます。

sudo sudo wget http://osoyoo.com/driver/motionsensor-test.py

3)プログラムを作動する

sudo python ./motionsensor-test.py

人が近づいてくると、ターミナルに「Someone is closing!」と表示し、ブザーがなります。

2017-03-23-064257_1824x984_scrot

Byamber

ラズパイ3、電圧検出センサーとMCP3008 A/Dコンバータを使って、電圧計を制作する

概要

本文では、ラズパイ3、電圧検出センサーとMCP3008 A/Dコンバータを使って、電圧計を制作して、電圧値をターミナルにプリントします。

DSC_5505

必要なパーツ

PI
Pi3ボード x1
 3 電圧検出センサー x1
MCP3008
MCP3008 A/Dコンバータ x1
LACC2006AD-12
 ブレッドボード x1
LACC2006AD-31
 ジャンプワイヤー(オス~オス)x若干
19
 ジャンプワイヤー(オス~メス)x若干

ハードウェア

このモジュールは抵抗分圧の原理に基づいて、デザインしました。輸入したの電圧値を5倍に下げて、輸出しできます。ラズパイGPIOの工作電圧は普段3.3Vのため、電圧検知モジュールへの輸入電圧はできるだけ、16.5V(3.3Vx5倍)以下にして下さい。出力インタフェース:”+”は3.3vに接続し、”-“は GNDに接続し、”s”はMCP3008 A/DコンバータのAD入力PINに接続します。
DC入力インタフェース:正極とVCC、負極とGND、下記の画像をご参照:
3

ラズパイはデジタル信号しか処理しできませんので、今回は電圧検知センサーからの電圧信号(アナログ信号)を処理するため、A/Dコンバータも必要です。本プロジェクトではMCP3008と言う、よく利用されるA/Dコンバータを使用します。

voltage_bb

ソフトウエア

下記の操作は、ラズパイとスクリーンを接続しても、SSHを通じでラズパイと接続しても、操作できます。

1)プログラム

nanoエディタを使用して、下記のコマンドを作動して、/home/piに一个voltage.pyと言うファイルを新規作成します。

sudo nano voltage.py

ファイルにコードをコーピーして、キーボードの CtrlとXボーダーを押して、Yを入力して、ファイルを保存します。

或いは、下記のコマンドを作動して、弊社編集済みのvoltage.pyを直接にダウンロードできます。

sudo wget http://osoyoo.com/driver/voltage.py

2)下記のコマンドを作動して、pythonプログラムを作動する

sudo python ./voltage.py

3)結果

電圧検出センサーのDC入力端子と16.5V以下の電源アダプターを接続したら、検測したの電圧値がターミナルに表示します。例えば、電圧検出センサーのDC入力端子と3.3V電源アダプターを接続の場合、ターミナルに3.29Vぐらいの数値を表示します。A/Dコンバータで転換したの信号のため、少し誤差があるはずです。

2017-04-05-032458_1824x984_scrot

Byamber

ラズパイで火炎検知センサーを作動する

概要

本プロジェクトでは火炎検知センサーとラズパイ3ボードを使って、火炎検知装備を作ります。火炎検知センサーは火炎と波長760nm~1100nmの光が敏感します。アナログ信号とデジタル信号2重輸出できます、火炎が検出したら、デジタルOUTPUT(DO)から高電位信号を輸出して、アナログOUTPUT(AO)から電圧値を輸出します。火炎のサイズが大きくなると輸出したの電圧値も大きくなります。モジュールに可変抵抗がありますので、センサーの感度が調整しできます。

DSC_5501

必要なパーツ

PI
Pi3ボード x1
EASM101600
火炎検知センサーx1
MCP3008
MCP3008 A/Dコンバータx1
LACC2006AD-12
ブレッドボードx1
LACC2006AD-31
ジャンプワイヤー(オス~オス)x若干
19
ジャンプワイヤー(オス~メス)x若干

ハードウェア

火炎検知センサーは火火炎と波長760nm~1100nmの光が検出しできます。点火しているライターを使用の場合、80CMの範囲内は検出しできます。検出の角度は60度となります。火炎のサイズが大きくなると、検出できる距離も拡大できます。モジュールに可変抵抗がありますので、センサーの感度が調整しできます。工作電圧は3.3V~5Vですので、本文では3.3Vでセンサーに給電します。

配線図

flame_bb

線路が違うとボード、センサーに損害の恐れが御座いますので、正極と負極を十分ご注意して下さい。Raspberry PiのGPIOピンの概要はこちら~

ソフトウエア

下記の操作は、ラズパイとスクリーンを接続しても、SSHを通じでラズパイと接続しても、操作できます。

1)プログラム

nanoエディタを使用して、下記のコマンドを作動して、/home/piにflame.pyと言うファイルを新規作成します。

sudo nano flame.py

ファイルにをコードをコーピーして、キーボードのCtrlとXボーダーを押して、Yを入力して、ファイルを保存します。

或いは、下記のコマンドを作動して、弊社編集済みのflame.pyを直接にダウンロードできます。

sudo wget http://osoyoo.com/driver/flame.py

2)下記のコマンドを作動して、pythonプログラムを作動する

sudo python ./flame.py

3)結果

点火したのライターがモジュールに近づいてくると、火炎が検出したら、モジュールでの指示ランプが点灯し、ターミナルにFire!と表示します。火炎が検出しない時、指示ランプ消灯して、ターミナルにSafe!と表示します。もし、点火したのライターがモジュールに近づいてくるても何も変化しないの場合、モジュールでの可変抵抗を調整して、確認して下さい。

2017-04-01-082444_1824x984_scrot